時代に合わせた取り組み|空間作りに大切なカーテンの選び方|オシャレな部屋にする為に
インテリア

空間作りに大切なカーテンの選び方|オシャレな部屋にする為に

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 時代に合わせた取り組み

時代に合わせた取り組み

家具

家具の産地として

昔は嫁入り道具といえば、桐のタンスなどの家具を持たせることが一般的でした。そのため、様々な家具メーカー、そして家具の産地が台頭したものです。そんな家具の産地として有名な場所のひとつに、広島県東部に位置する府中市があります。この府中市で作られる家具を府中家具と呼び、その品質の高さから幅広い支持を得てきました。嫁入り道具に府中家具の桐のタンスを持たせることは、一種のステータスでもありました。府中家具は、今でも職人がひとつひとつ手作りで丁寧に作っています。山間部に近く、良質の木材が手に入りやすい環境も幸いしたのでしょう。府中市には今でもショールームがあり、昔と変わらぬ品質の高さで、今でも高い支持を得ています。

婚礼家具からの脱却

時代とともに婚礼家具が徐々に廃れているのは事実です。しかし今でも府中家具に大きな魅力があるのは、府中家具に携わる人々の弛まぬ努力がその大きな一因であるといえるでしょう。府中市には、府中家具再生のための組織が存在しており、時代に即した府中家具の魅力づくりに取り組んでいます。婚礼家具という点ではその文化は徐々になくなりつつありますが、人々が家具に対する興味を失ったわけではありません。その証拠に、北欧の家具メーカーの大きな店舗は非常に高い人気を誇っています。値段が高くて使い道が限られる桐のタンスから脱却し、洗練されたデザインと高い品質に関しては継承しながら、今の時代のニーズにあうスタイリッシュな家具作りに取り組んでいるという点が、府中家具の魅力を高めている大きな要因であると言えます。